赤と青の光をまとって

KinKiさんを愛してやまないももいろの独り言

アンチKinKiさん、アンチ愛方さんはスルーしてくださいね(^_-)-☆。
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>
商品紹介
更新履歴
記録之分類
過去之記録
最近之評論
記録之輪
友達之輪
作者紹介
ももいろ
Clock
counter
現在の閲覧者数:
KinKi Kidsデビュー
できる★
ブログパーツ
byできるじゃん
余他
無料ブログ作成サービス JUGEM
ラプラスの魔女
JUGEMテーマ:自分が読んだ本

東野圭吾さんの本はとにかく面白くて、
発売され、店頭に並ぶと即、お持ち帰りしていました。

今回ももちろん、発売前から楽しみにしていました。

「王様のブランチ」で東野圭吾さんの特集、いや「ラプラスの魔女」の特集をされていました。
録画するのを忘れていて、ちらっとしか見られなかったのが残念ですが、
ま、先入観なく読めたので良かったと負け惜しみを(笑)

先日読み終えました。
読み終わるがもったいないから、ちょっと延ばしたり、でも先が気になって…




ラプラスの魔女

内容紹介
"円華という若い女性のボディーガードを依頼された元警官の武尾は、行動を共にするにつれ彼女には不思議な《力》が備わっているのではと、疑いはじめる。
同じ頃、遠く離れた2つの温泉地で硫化水素による死亡事故が起きていた。検証に赴いた地球化学の研究者・青江は、双方の現場で謎の娘・円華を目撃する――。
価値観をくつがえされる衝撃。物語に翻弄される興奮。
作家デビュー30年、80作目の到達点。
これまでの私の小説をぶっ壊してみたかった。
そしたらこんな作品ができました。 ――東野圭吾"



彼女は計算して奇跡を起こす。東野圭吾が小説の常識をくつがえして挑んだ、空想科学ミステリ


まだ発売されたばかりなので、
感想は続きに。
ネタバレにもなりますので。。。。


ラプラスの悪魔とは?
主に近世・近代の物理学の分野で未来の決定性を論じる時に仮想された超越的存在の概念であり、フランス数学者ピエール=シモン・ラプラスによって提唱されたもののこと
世界に存在する全ての
原子位置運動量を知ることができるような知性が存在すると仮定すれば(ひとつの仮定)、その存在は、古典物理学
を用いれば、これらの原子の時間発展を計算することができるだろうから(別の仮定)、その先の世界がどのようになるかを完全に知ることができるだろう、と考えた。


 
続きを読む >>
web拍手 by FC2
| 読書 | 11:58 | comments(0) | trackbacks(0) |- pookmark↑PAGE TOP